カードローンの審査通過条件①

カードローンの借り入れは、規定の審査を通過することで、可能となります。逆に言えば、審査が通らなければ、絶対にお金が借りられないということです。ここでは、カードローンの審査通過条件を紹介していきます。

安定収入

カードローンに限らずクレジットカードなど、お金を借り入れる際には、「安定した収入のある人」ということが必要不可欠です。最低限、月に1回以上の給与や報酬を得ていることを証明できないと、貸付をしてもらえません。

何故ならば、カードローン会社は、お金を貸して、利息とセットで返してもらうことで、収益を得ているためです。カード会社は、借主から返済されたお金を利息とともに銀行などの金主へと返済します。

仮に年利3%で銀行などから融資されたお金を、借主から年利15%で返済してもらった場合、年利15%-年利3%=年利12%が、カードローン会社の収益です。

そのため、貸し倒れリスクを最小限にすることが、カードローン会社の利益につながります。だからこそ、借主の「安定収入」をチェックするのです。

個人情報を正確に記載する

カードローンの審査を通過するためには、正確に記載された個人情報も重要なポイントとなります。虚偽の記載が発覚した場合、文書偽造罪や詐欺の未遂として扱われる危険性があるのでご注意ください。

居住地や生年月日などは運転免許証等の本人確認書類と照合しますし、収入に関しては、給与明細書や源泉徴収票の提出を求められるケースもあります。